莉恵 ~in New York I feel I dance~



<   2007年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧


いまはいつ?

f0101868_7223035.jpg

いつもすれ違う相手とは

縁がないのだろうか
f0101868_722195.jpg

一度 出会ってしまったことが

会えないじかんを強調させる
f0101868_7232017.jpg

過去のじかんが生き続けると

いまの相手がよく分からなくなる
f0101868_7245399.jpg

沈み始めた太陽が 本人をのみこむほど

人のSHADOWを大きく魅せるように
f0101868_7234942.jpg

わたしだって むかしとは ちがうし

このさきなんて よくわからない
f0101868_724224.jpg

ただ いまのわたしは 

いまのあいてに 会いにいく 
f0101868_7253240.jpg

偽りのない 正午の「いま」を
f0101868_726485.jpg

待っているのかもしれない
f0101868_7262194.jpg

日曜早朝@グエル公園by gaudi
[PR]
by rieyano | 2007-02-26 07:31

Music-full in Barcelona


f0101868_6464890.jpg

バルセロナでの夜は 

街で会った人たちからの口コミ情報に 

流れ 流されたまま
f0101868_648148.jpg

地元アーティストたちの 無名な音を目指して

ユーロとデジカメだけを手にし 

身軽に 街中をはしご
f0101868_6474545.jpg

タブラオ TARANTOSでは

赤い靴を履いたロン毛の男性が

伝統あるフラメンコのステップで オトコの色気と汗をふりまく

タン TAN タタンっ
f0101868_6484492.jpg
f0101868_648564.jpg

ジャズクラブ JAMBOREEでは

ヨーロッパ独特のウルフカットなエレキギタリストと共に

ティーンエージャー気取りで 縦にくびをふる

がん がん ガーン
f0101868_6491117.jpg

ハウス系クラブの Downstairs@13では

カーニバル帰りの仮装人たちにまぎれこんで

華やかなスポットライトを浴びる

ゲイ げい みんなゲイ
f0101868_657111.jpg

地元ライブハウスHarlem Jazz Clubでは

フラメンコギターに中東のミスティックサウンドが混じり

地元観客たちが奏だすlas palmas(クラップ)が

おんがくと一体となった瞬間 鳥肌がたつ

ぞくぞく ぞくっ
f0101868_6494912.jpg

エレクトロニカ系クラブの Barcelonaclubでは

サーカスで働く地元人のSantiagoから

音楽の感じ取り方を 学ぶ

向かい合って 真正面に立ち

右手に相手の左手を 左手に相手の右手をあわせ

エレクトロビートにあわせて 2人パントマイム

自分の鼓動を 相手に伝える ダンシングゲーム
f0101868_6511986.jpg

相手の両耳をふさぎ 空中のバイヴに合わせて 

片耳あけたり 両耳 交互にふさいだり

自分の耳で 流れてくるDJ's MUSICから

独自のビートをつくり出す


ふと 両耳あけた瞬間 Barcelonaでの最後の夜

真っ暗なのに 明るい
f0101868_6505960.jpg

Music-FULL in Barcelona
[PR]
by rieyano | 2007-02-26 07:14

Homeless in Barcelona

f0101868_0232047.jpg

出発直前に オンライン予約したホテルが

どうしても好きになれない
f0101868_024540.jpg

だから

いつの間にか 20時間 外出したままの

家なき子 in Barcelona
f0101868_0193027.jpg

朝日が差し込む翌朝の部屋に戻り

顔を洗い シャワーを浴び 

服を着替え 窓を開けると
f0101868_0162418.jpg

あたらしい一日の風が 吹いている
f0101868_0184377.jpg

朝8時の教会巡りから 清く 始まり
f0101868_0264652.jpg
f0101868_0265946.jpg

翌朝4時 音巡りをしながら

出会ったひとたちと 

リズミカルな一夜をしめる
f0101868_0312757.jpg

f0101868_135137.jpg


バルセロナは 眠らせてくれない

f0101868_0301060.jpg

Quack Quack!!
[PR]
by rieyano | 2007-02-26 01:05

colorless in Barcelona

雨降る カラーレスなバルセロナに

黄色みが差す瞬間
f0101868_23531862.jpg

白くさびた 茶色いベンチは

茶色く塗られた 白いベンチ
f0101868_23522367.jpg

水がでてこない 枯れた噴水に 喉がかわく
f0101868_23554084.jpg

f0101868_06147.jpg

枝のない 枯れた木たちに 導かれ
f0101868_23564526.jpg

ひとけのない 歩行者天国を 
f0101868_23545231.jpg

ひとも 枯れ葉もよけずに

真っ直ぐ あるく
f0101868_064368.jpg

どこに 辿りつくのだろうか
f0101868_083472.jpg

だれも おしえてくれない

秘密の カラフルなゴールへ向かう
f0101868_0101184.jpg

[PR]
by rieyano | 2007-02-26 00:11

バルセロナ旅のはじまり


いつになったら 半人前になれるのだろうか

f0101868_17232142.jpg


せめて 3%ずつでも 成長し続けて行きたい 生きたい

f0101868_17234461.jpg


この ひとりたびで わたしは なにを感じるのだろう

バルセロナ着。 よ~い どん スタート!


写真1: アントニオ・タピエス美術館
写真2: ガウディのグエル公園
[PR]
by rieyano | 2007-02-22 17:30

Heartガイドについていく


今週は雪三昧で身動き一つとれず

先週は風邪をひいた室内スノーマンだったが

なぜか 体重が落ちている
f0101868_11484339.jpg

いや これはもしかすると

「日本」「じゃぽん」「ハポン」が頭を離れない今日このごろ

ニューヨークライフスタイルな身体が

ジャパニーズサイズを意識しはじめたのかもしれない
f0101868_1149595.jpg

無邪気に喜んでいる場合ではない

笑えば笑うほど アメリカの空中に潜むカロリーを

無意識に吸収しているのだから
f0101868_1149415.jpg

道路では ドアのない雪かきトラックから 聴こえてくる

爆音のヒップホップビートが

地面のカチカチな雪をつたって 

パリパリと固まった耳の中まで 温かく振動してくれる


にやりと笑ってくる雪かき兄さんの 爽快なノリ


病み上がりの こんなときは どこか遠くへ行こう

この寒く シャリシャリな街を 少し離れよう
f0101868_11492163.jpg

Quote of the Day

"She's going to travel a good deal. She has double life and double luck and can influence her own destiny. She likes to try everything, out of curiosity, but she'll be sorry if she isn't guided by her heart."

- Gabriel Garcia Marquez
(From his new book, "Memories of My Melancholy Whores")


今週末は 3連休。

ニューヨークでもトーキョーでもなく 

バルセロナへ 

It's not just curiosity.

I feel like I am being guided by my heart.
[PR]
by rieyano | 2007-02-16 12:19

James Brownに励まされる


いつも健康体だからか  

身体がやられると 精神的にも弱まる



治らない風邪に甘えて

20時間 寝つづける

ベッドの上で ねっころがりながら

ナイーヴな状態の心が 

いつもは聴き逃している ミュージックの歌詞に

いちいち反応する



簡単に揺れ動かされるこころに カロリーが消費され

おなかがぐぅ~と鳴る



自分の菌に じぶんが負け続けている気がして

とっさに部屋中を掃除する 

シーツ ベッドカバー ブランケット 

一気に じぶんを 洗う 洗う 洗い出す



こんなムーディーな時には 笑いが必要

この前 サルサを踊りに行ったら 

こんなグルーヴィーなJames Brownを目撃
f0101868_11522820.jpg

こころが またケラケラと 笑いはじめる♪
[PR]
by rieyano | 2007-02-11 12:00

わがや

うちの冷蔵庫のマグネットが 不気味に笑いかけてくる

わたしは風邪をひいているというのに
f0101868_1181824.jpg

いつもはファニーフェイスだが

食材を腐らせてしまった日には

怒り目で しかられるのだ
f0101868_114917.jpg

おい りえっ! って
f0101868_11155877.jpg

ニューヨークも 残り1ヶ月半
f0101868_1104536.jpg

ラストスパートをかけようと

ここ数日

じぶんのペースを無視して

機械的に うごいてしまったのだろうか
f0101868_1101317.jpg

悪化しつづける風邪に

くすりも音楽も効かない

空中の酸素を つかみきれていないから

深呼吸が できない


ひとつひとつ

今週の予定を キャンセルし

手帳に むなしい×線をひく

わがやに鍵をかけ

閉じこもる 
f0101868_10593925.jpg

いつものアールグレイミルクティーのかわりに

いたむ喉を ハームレスな茉莉花ティーで潤わせる


そして

会社で終えれなかったレポートを

ひたすら うつ うつ

CDラックも 頭のてっぺんから PCを打つ指先まで

CHAOS!!
f0101868_1111461.jpg

わがやで

衣職住
f0101868_1121129.jpg

f0101868_1115434.jpg

f0101868_113693.jpg

[PR]
by rieyano | 2007-02-08 11:23

天国と地獄と風邪


朝 相変わらず 最高に良い 目覚め!

アールグレイミルクティーで心底温まり

さあぁ 会社へ いくぞ
f0101868_1122480.jpg

家を出て 

会社まで 歩くこと 15分

出社した頃には

既にかぜ!


まだまだ地球も寒いじゃな~い
f0101868_1123852.jpg

(↑天国へ向かうイエローキャブたち。地獄に落ちた気分のわたし。乗ってけば良かった。)
[PR]
by rieyano | 2007-02-07 11:09

ロウアーイーストサイドAGAIN


f0101868_1044166.jpg

ロウアーイーストサイド AGAIN

先週 ふらふら歩いていたときに見つけたTenement Museum

100年以上前に タイムトリップ

自分も ヨーロッパからやってきた移民のふりをして

当時の移民たちの住まいを 訪れる


夢と希望を抱いて AMERICAにやってきた 裕福なヨーロッパ人たちは

ニューヨークのこの地で ちいさな ちいさなテネメントビルの中で貧しく暮らしていた

一部屋に10人も一緒にくらすほど ぎゅうぎゅうだった

当時のロウアーイーストサイドは

今のインド・ボンベイ市以上の人口密度だった と
f0101868_10434553.jpg

毎月10㌦もはらわなかった当時の家賃も

若手アーティストや ファッション業界人が暮らし始めたここ数年で

2000㌦/月を超える激戦区となった


昔 性病等さまざまな病気が 光スピードで感染したこの地を

今 流行とトレンドが色濃く ファッショナブルに染めていく
f0101868_10442059.jpg

矛盾なことに

当時よりここの地元人となった 移民のこたちは

もっと 安い 住まいを目指して

もっと 豊かな 暮らしを求めて

物価が急上昇する じぶんたちの土地を

また 離れなければいけない
f0101868_10443577.jpg

影響することは

強制することでも 支配することでもなく

受け入れること
[PR]
by rieyano | 2007-02-07 10:57


2005.10 - 2007.04
以前の記事
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧