莉恵 ~in New York I feel I dance~



<   2006年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


満月のParis

先日、パリへ一人旅してきた。

恐る恐る13日の金曜日夜出発。

でも、到着した14日の早朝は、パリでは珍しいほどの晴天。
光が石畳の道に反射し、通り過ぎる人々の影しか見えない。

あっ、でもこの香水はフランスの匂い。。

パリの中心部、ノートルダムから徒歩1分先にあるアパート部屋を貸してくれた親友は
旅に出ていて家におらず、
机の上には置き手紙とパリのガイドブックがずらっと並べられていた。

そして、置き手紙には、ガイドブックはどれも全く役に立たないとの注意事項。
皮肉好きなこの親友が大好きだ。

f0101868_9114745.jpg


全く予定も計画もたてていない旅だったため、
この置き手紙が今回の旅のガイドとなってくれた。


パリは意外と小さい街。
2日あればぐるっと歩き回れる。

1日目は苦く深みのあるコーヒーを飲むために何度か休憩しながら、ひたすら歩き続けた。
基本的に、英語表記のメニューが飾ってあるお店を避ければ、
どこのレストラン・カフェも美味しい。

そして、気付いた事が3つ。

1.
パリの狭い狭い道の路駐自動車は、前後に止まっている車のバンパーに遠慮なくぶつかりながら去っていく。(ぶつかったほうも、ぶつけられたほうも、「仕方が無い」と思うのかしら?)

2.
お店では、一度ウェーターが来ると、二度目に来るまで10分かかる。「急ぐ」ことは頭をよぎらない模様。(この為、優柔不断な私も一気に決めてオーダーする癖がついた)

3.
禁煙席は、存在しない壁によって、喫煙席と区切られている。
(寒い寒い真冬でも外に追い出されるNYスモーカーとは大違い)

このくだらない3点の他、パリの街並みに関しては、あまりにも美しすぎて表現不可能。
二つ付け足すとすれば、14日の夜、大好きな満月にも負けないほど
エッフェル塔が輝いていたこと。
あの夜は、まるで二つの完成された輝きが頭上でばったり隣合わせになったかのようだった。

そして、フランス人は思っていた以上に優しかったこと。
(米教育による変な先入観かもしれないが)


1日目、モンマルトルの坂(映画Amelieの舞台)を上がっていく途中、
ふらっと入ってみたブティックで知り合ったLebaneseFrench人のThiellyに、
2日目はパリを案内してもらった。

フランス在住の様々な移民について、LebaneseのFrenchとの関係について、
そして中東ビジネスの起業を目指してArabicを習っている事について。
何に対しても情熱的に話すThielly。

夜は坂上にある地元のジャズバーに連れて行ってくれた。

このバーでは、観客の半分が演奏家でもある。
次から次へと、音楽が変わる度に、人も交代し、自分の好きな曲を好きな様に演奏する。
NYの洗練されたジャズバーとは異なった、とても温かみのある音楽。
一気にこの坂、この街、そしてこの人々を好きになってしまった。


一人旅には色々な非日常的な出会いがある。
これがやみつきになる原因かもしれない。
でも、新しい出会いと同じくらい、古い付き合いはタカラ。
比べられないほどの感謝の気持ちがこもっている。
親友、ありがとう。

f0101868_9124557.jpg

[PR]
by rieyano | 2006-01-26 18:08

Spontaneity

土曜日も日曜日も大人しく家で過ごしてみたが、
その反動で、来週末はパリへふらっと一人旅することにした。

全く計画していなかった旅である。

NY-Paris往復便でたった320USドルのチケットが目につき、即決意。

まだ宿泊先も何も決めていない。

向こうで観たい風景、歩きたい街並み、会いたい人の笑顔が頭をよぎる。

この様なspontaneousな旅途中、出会う人々や文化との触れ合いが楽しみ。



Spontaneousとは、「自然に発生する、あるいは突然あたかも本能的に起こること」

を意味する形容詞だが、

“You are spontaneous!!”

と、この形容詞が人に関して使われる場合は、肯定的な意味で、

陽気で活力あふれんばかりの状態を指す。

ただ、この言葉は、本能的である故、計画性のない、

自己中心的な行動をも意味すると個人的に思っていた。


よ~く調べてみると、Spontaneityとは

「自ら進んで計画をたてたり、相手を思いやったりする」との意味合いを持つとの事。


相手の事を思い、自然に発生する、本能的な行動。

なんて美しい意味なのだろう。

2006年のテーマを決めた。


・・・・・・・・・・・・・・・
かんじるsense
おこすaction
いきるspontaneity
・・・・・・・・・・・・・・・


これから、寝違えた首の自己治療の為、ジムへ向かいます。
[PR]
by rieyano | 2006-01-09 11:03

オーロラを浴びに!

本日、アラスカから戻ってきました☆

少し遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

ただでさえNYは寒いのに、なぜいきなりアラスカ?


旅のきっかけは、ふらっと会社の先輩に「オーロラを観に行こう」企画を出され、
ビビッとその案にのった事が始まり。

30日の早朝4時出発。

NY⇒Minneapolis⇒Anchorage⇒Fairbanksと、安いパックの為か、乗り継ぎ多し。
到着した頃には、既にアラスカ時間(NYと四時間差)で夕方。

FairbanksはAnchorageの次に栄えている市との事だが、
道を走りつづけて目にするのは、WalMart,Wendys, Dennys, KFC,Home Depotと、
アメリカらしき大型店舗以外に、特に何もない。

次第に、どうってことない地上から目が離れ、頭上の夜空を飾る星星に専念することにした。


あああ、美しい。


夜10時集合。
バスに乗り、スキー場の山頂のロッジに到着。オーロラの旅がいよいよ本格的に始まる。
ロッジ周辺は、レンタル防寒着をまとい、ブーツでノシノシと歩く山男姿の人々がぞろぞろ。
4枚重ね着の自分もその部類。

ずっしずっし。思い足音。踏み潰される新雪。


そして、なんと、聞こえてくるのは日本語!!


この異国の果てまで来て、9割以上のオーロラ観賞客は日本人との新発見。
日本人は意外とロマンチストなのかもしれない。

人気のない一角で、雪の上に寝っころがる。

視界が広まる。そしてぼんやりとオーロラの虹が見える。ごく自然の事のようだ。

それは、想像していた赤、橙、緑色の魔物のような光景ではなく、

穏やかな円を描く、落ち着いた青白い一線。す~っと長く鮮明な天の川のよう。


自分の目が遠くを見つめている。とてもいい気持ち。


オーロラのとある一夜の表情が伺えて、おなかがいっぱい。

そして、-20℃以下の中、4時間も放置して冷え切ってしまった身体のために、
翌日チェナ温泉に入浴し、感覚を取り戻す。
その後、イヴの夜も挑戦してみたが、オーロラは姿を現さなかった。

それでも、夜空は美しいイルミネーションが光り続けていた。

カウントダウン直後の花火は、その背景にある星星の個性を更にひき立たせてくれた。



これだけ自己主張の強い光はNYでなかなか見れない。

本日、マンハッタン到着。
ビルの窓から均等に漏れる光。真っ直ぐに並ぶ街灯。
人が作る街、NYは人工的な光に包まれる。

そして意外と暖かい。


この街も大好きだ。

f0101868_8515392.jpg
f0101868_852244.jpg

[PR]
by rieyano | 2006-01-03 11:47


2005.10 - 2007.04
以前の記事
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧