莉恵 ~in New York I feel I dance~



黒人の叫び@Bowery Poetry Club

SohoにあるBowery Poetry Clubへ、
大好きな詩人Langston Hughesの詩の朗読を聴きに行った。

Poetry Clubでは、演劇家、音楽家等様々なアーティスト達が
ありとあらゆる題材を、詩を用いて表現している。
今回の舞台は "Langston Hughes in Harlem"。

20世紀、Harlem Renaissance (黒人文芸復興)の中心人物だった
Langston Hughesの詩は、当時の黒人の日常生活を表す作品が多く、
人間くさい感情だらけ。ニューヨーク・ハーレムを拠点としながら世界中を旅し、
ブルースのような肉声の詩を数多く残した彼の詩には、高校時代に衝撃を
受けた記憶がある。日本人の私でも、同じ人間の心臓で、彼の詩から幾つもの
感情の塊を受けとめた気がする。

一番印象に残っている詩を一つ紹介↓

--------------------------------------

I, Too, Sing America

I, too, sing America.

I am the darker brother.
They send me to eat in the kitchen
When company comes,
But I laugh,
And eat well,
And grow strong.

Tomorrow,
I'll be at the table
When company comes.
Nobody'll dare
Say to me,
"Eat in the kitchen,"
Then.

Besides,
They'll see how beautiful I am
And be ashamed--

I, too, am America.

-----------------------------------------


美しい魂。


↓Bowery Poetry Club↓
http://www.bowerypoetry.com/
[PR]
by rieyano | 2006-02-13 14:12
<< メキシコ旅inスローモーション... アソビ人な公爵~オペラ「リゴレット」 >>


2005.10 - 2007.04
以前の記事
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧